お店

2011年9月18日 (日)

おたるバインでディナー

職場に私の恩師が来てくれたので、小樽バインにお連れして一緒に食事をしました。
まずは、乾杯にお決まりの北海道ワイン・ケルナー・スパークリング。

そして2本目は、店に入る前から決めていました。
同じく北海道ワイン社の鶴沼トロリンガー2005。

05

鶴沼シリーズの中で一番好きなワイン。そして道産ワインで最高の辛口ロゼ。
残念ながら今年(2009ビンテージ)もリリースされませんでした(涙)。
この05は4年前に飲んでおり、ファーストアタックで刺さる酸の強さが印象に残っていました(その時のコメントはこちら)。
その熟成具合を確かめてみたいのと、ワイン好きな恩師も熟成したロゼは飲んだことがないだろということで、決めていました。

で、味はというと…

実によい具合でした。酸は角が取れてまるくなり、かと言って弱い訳でもなく、まだまだ溌剌とした酸。北海道らしいです。赤い小さなベリーの香りと味。苦味も薄く、引っかかることなくスルスルと入っていきます。とても美味しかったです。飲むなら今かもしれません。
小樽バインにはまだ売っていますので、是非飲んでみて下さい。

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

winecafe Veraison

先月オープンしたワインカフェ・ヴェレゾンに行ってきました.

ここは道産ワイン応援団の団長として有名人となった私の古くからの道産ワイン仲間「あ~ちゃん」こと荒井さんがプロデュースしたお店です.

場所は狸小路5丁目,道産食材のお店HUGの中にあります.
オープンでこぢんまりとした気軽に入れるお店です.

この日仲間と飲んだワインは

①ラロ・スプマンテ アロマティコ
②ノラ・ルージュ 2010
③グランポレール 北海道余市ピノ・ノワール 2009(写真)

①はついこの間も飲んだ,ナイヤガラで造られたスプマンテ.ワインガーデンで飲んだときよりも味わいがシャープで,大晦日に飲んだときと同じ印象.ボトル差かな?

②道産ワイン好きの中では話題となっているワイン.先月リリースされたばかり.乙部町のメルロー100%で造られたワイン.乙部町は道内では古くからシャルドネとメルローを栽培してきました.濃いイタリアンメルローが苦手な私にはちょうどいいボディ.酸も強すぎず,果実もまろやかなタンニンもちゃんとあり,北のメルローという感じはしません.ただ,時間が経つと青臭さがでてきたのがちょっと残念.

③ワインガーデンで飲めなかったサッポロワインのピノ・ノワール.これも初リリースの時は話題になりましたが,全て都内のホテルに行ってしまったため,北海道では手に入らず幻の余市ピノでした.香りは赤いベリーの中にゴボウのような土臭さがあり,余市のピノとわかります.果実もしっかりしているんですが,ロウっぽさがあるのと,酸が物足りない点が個人的にはもう一つ.余市産ピノ・ノワールとしてみれば,「ここまできたか」と評価できますが,ワインとしてみると,茎や種のような苦味もやや強く,もう一歩です.ただし,開けて3日以上置くとまた違った顔を見せるでしょう.これからますます楽しみです.
09

このお店には道産ワインはもちろん,希少な国産ワインもあります.
コップで飲んだ一升瓶甲州.懐かしかった~.

道産ワインを知ってもらうには,こういった気軽に飲めるお店が絶対必要です.
道産ワインラバーの聖地としてこれからも応援します!

是非お立ち寄り下さい.

| | コメント (4)

2010年10月24日 (日)

カンティネッタ・サリュ@札幌

そういえば、このお店について書いていませんでした。

今や全国にファンを持つ、北海道におけるイタリアワインラバーの聖地、カンティネッタ・サリュです。

ここのソムリエール、福島さんはイタリアワイン協会認定ソムリエールですので、イタリアワインに関する造詣は半端じゃありません。

初めてお会いしたのは、今から6年前かなぁ、当時はフレンチのレ・ミュゼにお勤めでした。

その時に一緒にレ・クーポレ・ディ・トリノーロを飲んでいて、みんなで「このワインのセパージュ何だっけ?」という話になり、福島さんは私の隣で一口飲み

「あっ、これ、カベルネ・フランだ」

とさらりと言ったのです。
当時の私はメルロー主体だと思っていたのですが、後で調べると確かにカベルネ・フランの方が多くてビックリしたことを覚えています。

それ以来、私にはゴッド姉さん的存在です。

その後マガーリに移り、そしてサリュをオープンさせました。

これは私も嬉しかったです。

私は場所的にそう何度も行けないのですが、川頭さんが来札の際は、イタリアワイン好きのコアメンバーがここに集結します。そして、偽店長が現れます(苦笑)。

世の中不景気といえども、ここは無縁の世界。

いつも繁盛してます。

やっぱり姉さんの人柄に、多くの人たちが引き寄せられるんだと思います。

姉御、いつも素敵な笑顔と美味しいワインをありがとう!

あっ、ここのギネスも美味しいですよ。

| | コメント (2)

カンティーナ スズキ@札幌

先日のワイン会で利用させて頂いたお店、カンティーナ・スズキさん。

私のワイン仲間の方がこのお店の猛烈なファンでらして、何度かお邪魔しています。

今年でなんと、30周年!おめでとうございます。

札幌でも老舗のイタリアンです。

以前はピエロ・ボックスという店名で、そのころは気にはなっていましたが、お邪魔したことがありません。

当時を知る方からは「ワインリストは今ひとつ…」という話を耳にしていましたが、私が初めてお邪魔した時にはそんなことは全くありませんでした。

むしろ、市内屈指の充実ぶりです。

しかも料金も低め設定。

肝心のお料理は、マンマが造る、実にシンプルで素朴な味わい。

派手さはありませんが、食べ飽きないホッとする味で、ファンが多いのも納得です。

これからも、ずっと頑張って欲しいです。

| | コメント (2)

2010年8月27日 (金)

ANDIAMO@小樽

今年5月にオープンしたイタリアンです。

その時から気になっていたのですが、この間職場の若い衆を連れてやっと行くことができました。

ピッツェリア+トラットリア、ピッツァが食べられるトラットリア、という感じのお店。

小樽ではなかなか見ない本格的なイタリアンです。

ここの売りは、やはり釜で焼き上げるピッツァでしょう。

ということでいただきました。

お味は、

生地の厚さ、焼き加減は問題なし!

ただ…

生地の味が今ひとつ。小麦の甘味が感じられず、なんとも無味。好みの問題ですが、私にはちょっと残念。若い衆は「美味しいー!」と感動しながら食べてました。

リゾットもパスタもまずまずです。

ワインは、フルで2500円から。イタリアのみならず、各国あります。

それが、私は許せない!

値付けは2倍ちょっとで良いのですが、残念ながら飲みたいワインが見あたりません。

チェレットのバローロとかありますけど、そういうタイプのお店じゃないです。

シチリア、カンパーニャ、サルディニアあたりのワイン、そこに繊細な北のワインが数種、そんな感じがあいそうですけど。

あとサービスももうちょっと頑張って欲しい。

私の評価はちょっと辛口ですが、小樽では貴重な存在ですので、暖かく成長を見守りたいと思います。

時々通って、ワインの営業をしよっと。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

おたる屋台村レンガ横町 CDRW

以前も紹介していますが、この間、久しぶりに行ったらビックリ!

な、なんと、お店が変わってました。

屋台イタリアン、ではなく、完全にバールになってました!

今までのお店の向かい側2店舗分を改装して、ながーいコの字カウンターの半分が立ち飲み、半分が椅子席、というスタイル。

賑わってましたよ~!

スタッフも女性が2人増えてるじゃないですか。

マスターの荒沢さんも、ビール片手にお客さんに声をかけ、忙しく動いてました。

あまりゆっくりお話できませんでしたが、「まさにナポリのバールそのもの」と表情はとても楽しそうでした。

こういうお店にしたかったんだなぁ。「Buona Sera!」が飛び交ってました。

でもね、グラスの泡がカヴァなのはちょっと…。

バルビノットを教えてあげよっと。

良い店が小樽に出来ました。

| | コメント (2)

2010年8月 2日 (月)

リストランテ カプリカプリ@札幌

そういえば、ここについて書いていませんでした。
私を知る人なら、私がどのくらいこのお店を愛しているか、知っています。

そうだなぁ、5年くらいのお付き合いでしょうか。
札幌の中心部からちょっとはなれた場所にあり、ここもまた、職場を変えてからなかなか行きにくくなってしまいました(涙)。

この間久しぶりに、神奈川からの客人を連れて行ってきました。

塚本シェフが作る味はですね、何食べても私のツボにはまります。

客人も喜んでくれました。

マダムこと塚本ソムリエールが厳選したこだわりのワインリストもなかなかです。

市内のイタリアンとしては、今となっては決して安くはありませんが、このレベルで都内のお店と比べたら、安すぎます。ホームの地の利でしょう。

もし札幌で最後の晩餐を迎えるのなら、私は迷わず、ここです。

シェフ、マダム、マサさん、いつも美味しくて楽しい時間をありがとうございます!

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

サイゼリヤ 新札幌店

皆さんご存知の、そう、サイゼリヤです。
でも北海道ではあまり馴染みがありません。それもそのはず、

北海道には1店舗!

しかないんです。

しかも、札幌のはずれ、新札幌です。
私は以前通勤で新札幌駅を使っていたので、仕事帰りによく利用していました。
今は使う駅が変り、なかなか行く機会がなく寂しいです。

ここのワイン、味の評価は分かれますが、私も含め、私の親しいイタリアワインラヴァーの方には高評価です。
特に私はキャンティ・ルフィナが好きですね。在庫があれば、店長にお願いして04を出してもらったり…。
冷えて出される時もあるので必ず「常温で」と定員に伝えましょう。

先日夕食に行った時は、予算1600円でハウスワインのトレッビアーノを主に考え、選んだ料理が
シェフサラダ、マルゲリータピザ、若鶏のグリル
でした。
完璧でした。我ながら自画自賛。
ここのトレッビアーノには野菜や鶏がよくあいますよ。

オススメです。

小樽あたりに2号店できないかなぁ。

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

カンパーナ六花亭@富良野

今年の春に富良野の葡萄畑内にオープンした、カフェです。

すごく綺麗な景色です。まるでヨーロッパにいるような気分です。

ここでは残念ながらワインは飲めませんが、富良野産ブドウ果汁で造られたソフトクリームが食べれます。

ココファーム・ワイナリーのように、道内でも是非、葡萄畑を眺めながらその土地のワインと料理を楽しめる場所が出来たら嬉しいです。

お店の詳細はこちら

Photo
Furano_vineyard

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

カメリーノデッロスピタリタ@札幌

一週間前になりますが、ワイン会でお邪魔したお店です。名前が長くてなかなか覚えられないのですが、みなさん「カメリーノ」と呼んでいます。

札幌駅周辺に昨年できたイタリアンです。

シェフは以前ベッコにいた方で、お料理はもちろん文句なし!
ワインは持ち込みだったためワインリストを拝見しませんでしたが、webを見るとグラスワインが赤白常時3種類あるみたいです。

店長・ソムリエの白石さんは「どこかで見たことあるなぁ」と思ったら、以前オゾニコにいらした方で、一度お会いしたことがありました。

お店のワインをお願いしたところ「エノテカのワインですみません」と気を遣っていただいたようで…。

いやいや、エノテカのワインが嫌いな訳じゃないですから。

スタイリッシュな空間で上質な料理とワイン。是非足を運んでみて下さい。

| | コメント (0)