« おたるナイヤガラ セミ・スパークリング 白辛口 | トップページ | PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA Cucaione 2010 »

2011年6月19日 (日)

POGGIO AMARELLI Chianti Classico 2008

第2回目のAmanti del Chianti Classico(キャンティ・クラシコ・ファンクラブ)の日に開けたワインです.

ポッジョ・アマレッリというワイナリーで,場所はカステッリーナ・イン・キャンティ地区です.

いつもお世話になっているはやしや商店へ行ったところ,店長が「川頭さんのワイン入れましたよ」と教えてくれたので,早速買ってみました.

川頭さんがエージェントを務めるワインといえば,インポーターはモトックス,アルトリヴェッロがほとんどですが,このワインは違います.

オーレ・ジャパンというインポーターで初めて聞きました.

まぁ,それはさておき.

まず抜栓してグラスに注いだ瞬間から花のような香りが広がります.
味わいはカステッリーナらしく,しっかりとした果実味が広がります.その後ビターチョコのほろ苦さ,程よい酸が続きます.
タンニンはまだ硬く,ざらつきます.余韻は長くほんのり程度に樽が香ります.
2日目になるとタンニンはマイルドになり,さらに飲みやすく.

キャンティ・クラシコといえば,焼いた牛肉が定番ですが,今回は冒険してトキシラズのちゃんちゃん焼きと2日目にあわせてみたところ,これが最高!
通常の鮭なら臭みが出るのですが,今回は全く感じませんでした.みそ味もポイントでしょうね.

値段も約2000円と,とてもCPの高いキャンティ・クラシコでこれまたオススメです.

次回は何にしようかな~.

Poggio_amarelli_cc08

|

« おたるナイヤガラ セミ・スパークリング 白辛口 | トップページ | PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA Cucaione 2010 »

イタリアワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おたるナイヤガラ セミ・スパークリング 白辛口 | トップページ | PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA Cucaione 2010 »